HOME > 若手研究者海外派遣> 事業の概要> 事業の目的

若手研究者海外派遣

事業の概要

事業の目的

一橋大学は、商学(ビジネス)、経済学、法学、社会学、国際関係論、人類学、政治学等からなる社会科学諸分野の研究と教育を包括的に対象とする大学である。このような社会科学重点大学(School of Social Sciences、以下3S)として、本学はこれまで若手研究者の育成支援を推進してきた。同時に、社会科学分野に重点をおき、すぐれた研究・教育成果を挙げている海外の主要大学との間で学術協定の締結や研究者の積極的な交流を行うことを通じて、研究ネットワークの構築を進めている。本プログラムは、そうしたネットワークを活用して、3Sの連携強化という本学の方針にもとづき、若手研究者を海外協定校などに派遣することを目的としたものであり、国際化にむけた本学の枢要なプロジェクトと位置づけられる。さらに、これまで研究科単位で実施されてきた若手研究者のキヤリア形成支援についても、本プログラムを全学レベルで推進することにより、すべての若手研究者に統一的な支援の手を差し伸べることを目的としている。

本事業は、上述の事業目的の実現を、次の2点から図る。
第一点は、一橋大学が誇る「学術を実践の場で鍛えていく実学的学問伝統」を重視することである。すなわち、若手研究者が国際的な現場において大学で学んだ社会科学的知見を鍛え、研究内容をより高度にするトレーニングを行うことである。第二点は、事業対象となるポスト・ドクター(以下PD)、大学院学生、学部学生に対し、課程横断的支援と課程固有的支援という複数の視点から支援を行い、両者の有機的結合を行うことを本事業の基本的理念とする点である。

課程横断性とは、学術的国際交流や国際的発信において課程を超えて必要になる、専門言語での情報収集、英語での学術発表やディベートなど対人的能力を身につけ、絶えずその練磨を図ることを意味する。

一方、課程固有性とは、博士学位論文を終え、専門分野における最先端の知識を備えたPDのさらなる進化には何が必要であるのか、また博士学位論文作成に向かおうとする博士後期課程学生には最優先事項である論文完成に何が必要であるのか、博士後期課程に進学する準備段階にある修士課程学生には、どのような学術基盤形成をトレーニングとして課すべきなのか、アカデミックキャリアを志望する学部学生に国際的な学術経験を蓄積させるにはどのようなプログラムが必要かなど、課程によって相異なる戦略的支援が若手研究者育成には必要だという認識である。

本事業は、これら二つの観点を教育戦略として認識し、課程横断性を前提に、課程固有性にもとづいた以下の海外派遣を行う。

  1. PDに対しては、2〜12か月の長期海外派遣を行い、成果を要求する。成果とは海外学術雑誌での査読論文の発表、派遣先機関でのシンポジウムの立案運営と報告書作成などである。
  2. 博士後期課程学生および修士課程学生に対しては、目安として2か月程度までの海外派遣を行い、学位論文作成に必要な学術資料の獲得(フィールドワークや資料調査)、国際的発信(学会発表など)、集中講義やインターンシップへの参加などを個人単位として行わせる。その成果を帰国後に指導教員に提出させ、その評価を含めた成果分析を国際化推進室が行う。
  3. アカデミックキャリアを志望する学部学生に対しては、国際的な学術環境に参加させ、研究者をめざす者としての自己認識を確立させる。具体的には、国際機関と提携し海外でのフィールドワークやセミナー・研修に参加する機会を与える。本学はすでに外国の大学とのこのような共同教育を行っており、それをさらにシステム化していく。

本学は社会科学の総合大学としての特徴を生かし、世界の主要大学と社会科学研究における連携に傾注しており、学術交流協定の拡大・強化に努めている。本プログラムの実施にあたっては、交流協定校を中心として受け入れ校との綿密な連携のもとに執り行う。