プリント

平成17年度大学院入学式における式辞

例年よりだいぶ遅れましたが、大学通りの桜がやっと咲き始めました。本日、平成17年度の大学院入学者を迎えるにあたり、本学卒業生の組織である如水会の方々などご来賓各位、ならびに入学者のご両親などご家族の方々のご列席を得て盛大な式典を催すことができますことは、一橋大学にとって、まことに喜びにたえないところであります。これから本学の伝統と学問を継承することとなる皆さんの入学を、ここにご出席の本学の諸先輩、また教職員一同とともに心から歓迎いたします。

入学者の皆さんは、それぞれに目的に沿って、ここに、これから大学院での勉学を進めていく体制を整えられました。ここに至るまでには、皆さんの大いなる努力と研鑽があったことと思います。努力が実り、まことにおめでとうございます。この機会に私は、皆さんの前途を祝福するとともに、今日から皆さんが勉学と研究を進める場となる大学院というもの目的と役割についてお話しをして、それを踏まえて、一橋大学として皆さんにはどのようなことを期待しているのか、ということを申し述べたいと思います。

それに先立って、この場には初めて一橋大学で学ぶことになる入学者も存在することを念頭において、ごく簡単に一橋大学の歴史、伝統、学風などについて紹介をしておきたいと思います。
一橋大学の起源は、今から129年前、明治8年に東京銀座尾張町に創立された商法講習所であります。これは近代日本の黎明期にあって、経済社会を担う実業人を養成するために民間人が設立した商業教育の塾でありました。その設立には、森有礼、富田鉄之助、福沢諭吉、渋沢栄一、勝海舟など名だたる歴史上の人物が加わっておりました。この小さな一私塾から一橋大学の歴史が始まったのであります。この商法講習所の発祥の地を示すものとして、銀座松坂屋の前の街路に記念碑が建てられております。

この起源とともに、思い出してほしい、あるいは知っておいていただきたいのが、キャプテンズ・オブ・インダストリーという言葉です。この言葉は、本学の建学の精神を表すものとして、私たちの間で、事につけ折りに触れ、用いられております。これは、19世紀にイギリスの歴史家また思想家であるトマス・カーライルが、その著書の中で用いたものであります。
本学の先人たちは、明治維新以来の国民的課題であった産業の発展と国力の向上にとって、外国貿易の知識と外国語を修得し、近代的な商業道徳と私利にとらわれない高い志を身に付けた、産業界の誇り高い指導者を輩出することが重要であると考え、その思いをこの言葉に託したのでありました。現在の本学は、産業界という枠を超えて、より広く社会の多様な領域に向けて人材を送り出すことを使命としていますが、送り出す先がどのような分野であれ、高い志を持ってグローバルに活躍をする人材を、と考える点において、その基本にある精神は不変であります。

商法講習所はその後の変遷を経て、東京商業学校、ついで高等商業学校、さらに東京高等商業学校と名称を変更しました。明治18年には、発祥の地である銀座から当時の神田区一橋通りに移転し、その後の約40年間の歴史をこの神田一橋の地で刻むこととなります。今日の一橋大学の名称は、これに由来しています。近年、その神田一橋に建てられた国の施設の中に本学の都心キャンパスが用意され、現在、特定の研究科あるいはプログラムが活動を展開していることは、皆さんよくご存知のとおりであります。

大正12年の関東大震災によって校舎が焼失したことを機にこの国立へ移転いたしましたが、それに先立って本学では、大学への昇格運動が起こりました。本学は当初は実業人の養成のための教育を目的として出発しましたが、次第に、高等職業教育だけでなく、社会現象をより深くより学問的・理論的に探求する流れが強まりました。明治末期から大正初期にかけて多数の卓越した研究者が輩出し、実務的知識の教育を超えて、商業、経済、法律、哲学、歴史、文学などの研究が進められ、本学は我が国におけるこれらの分野の学問研究の一大拠点を形成するに至りました。こうした背景の下に、大正9年に東京商科大学が設立されたのであります。

このように述べますと、高等商業学校から大学への昇格がいとも平坦な道を辿って実現したようでありますが、実際は決してそうではありません。ここで詳細に触れることはいたしませんが、その過程においては幾多の試練がありました。本学は、いずれの場合においても教員と学生が全学を挙げて一団となった運動を展開し、場合によっては、敢然として国や文部省の意向に抗いつつ、数々の苦難を乗り越えて、社会科学の総合大学としての今日の姿をかちとった、輝かしい歴史をもっております。

国立大学でありながら官の体質が比較的に希薄で、在野精神に溢れ、自由と自治の伝統をなによりも尊ぶ校風をもっていることも、こうした過去の歩みと無縁ではないと思われます。これから一橋大学の大学院で学ばれる皆さんにも、専門の学識を深めることと併せ、この大いに誇ってよい伝統を今後もぜひとも大切に育んでいただきたいと思います。

ついでながら、一橋大学の活動や性格、また現在の社会において一橋大学が築いてきた地位は、如水会という組織の存在を抜きにして語ることはできません。一橋大学の卒業生の集まりは、先ほども触れました通り、如水会という同窓会として組織されています。この、他に類を見ない強固な結束を誇る同窓会から、本学は文字通り物心両面にわたる支援を得ており、このことについて、他大学において大学運営に当たっている人々からは、つねに羨望のまなざしが向けられているところであります。

因みに、一橋大学には、交流協定を結んでいる欧米をはじめとする世界の著名な大学に、年々、留学生を送り出す海外派遣留学生制度が用意されており、毎年、相当数の大学院生がその恩恵に浴しています。この制度は、まさに如水会の支援を主たるベースとして成立しているものです。皆さんにも、この制度を活用して海外での勉学の機会を持つことに挑戦して欲しいと思います。また、いずれ如水会に会員として加わっていただき、如水会のメンバーシップの恩恵に浴すると同時に、如水会の一層の発展に貢献していただきたいと思います。

さて、本学の歴史や性格から、今日の大学院の状況に話を転じることといたします。
皆さんが籍を置くこととなった大学院ですが、ひとくちに大学院といっても、その構成は必ずしも単純ではありません。ここにおられる皆さんの中には、冒頭にも紹介があったように、修士課程の入学者、博士課程の入学者、そして専門職学位課程の入学者がおられます。大学院は、組織上の名称としては研究科と呼ばれ、下に学部を持つ研究科と、学部を持たない独立研究科が存在しています。しかし、大学院で展開される教育の観点からは、いま申し上げた課程の区別について理解しておくことが重要であります。

わが国の大学院教育は、いわゆる課程制大学院制度の下で、3つの課程が、それぞれ異なる目的と役割を担って存在してきました。
まず修士課程は、3つの役割を担っています。第1に、博士前期課程と称される研究者養成の第一段階、第2に、高度専門職業人の養成、第3に、市民の多様なニーズに基づく高度な学習需要への対応です。従来の修士課程では修士論文の作成が基本とされてきましたが、現在では、養成すべき人材あるいはその分野の特性に応じて、修士論文の作成を課程修了の要件とはせずに、コースワークの遂行を重視する教育の導入も行われてきております。

一方、博士課程は、従来は、創造性豊かな優れた研究および開発の能力を持って研究・教育機関の中核を担う研究者、あるいは、研究能力と教育能力を兼ね備えた大学教員を養成することが趣旨とされてきました。むろん、現在もそれが基本であります。しかし近年では、中央教育審議会の答申にも見られるように、博士学位の取得者は、研究・教育機関ばかりでなく、企業経営、ジャーナリズム、行政機関、国際機関などの多様な場で、中核的人材として活躍することが期待されるようになっています。
また、これからの博士課程進学者に対しては、近年の学問分野の一層の学際化や融合化の進展への対応のために、複数の専攻をもつことや複数の学位を取得することが求められるようになるかも知れません。

一方、専門職学位課程については、本学の場合、法科大学院、MBA、国際公共政策大学院が存在して、いずれも、国際的に通用する高度で専門的な知識の付与と能力の開発を目的とするものです。また、専門職学位課程については、社会人などの多様な学習者を受け入れることを通じて、社会全体の流動性の向上と活性化への貢献を目指していることは、皆さんご存知の通りであります。

以上に大学院における課程の区別を整理してみました。本日のこの場にも、異なる役割の発揮を期待されている異なる課程への入学者が存在していることになります。皆さんにはそれぞれ、自分の将来のプランとの関わりにおいて、自分が大学院で学ぶことの目的をつねに点検し、一方で自分の所属する課程の役割を認識し、今後の勉学を自分の目的との間で整合的に、そして効率的に進めてゆかれるよう願っています。

そこで、ここまでに述べたことを踏まえて、最後に、皆さんへの共通の期待と要望を申し上げることといたします。
大学はご存知のように昨年の4月に国立大学法人に移行し、個性と自主性の発揮を目指して、不断の改革を進めているところです。また、一橋大学はすでに5年ほど前の時点で、いわゆる大学院重点化のプロセスを完了しており、今後とも、大学院における教育研究の充実に一層の力を注ぐことを求められております。 現在、大学間の競争は国内のみならず、世界的な広がりの中で激しさを増しています。優れた研究業績を挙げ、高い水準で教育を行い、高い評価を受ける学生を世界に送り出す大学院のみが、一流の大学院として世界から認知されることとなります。皆さんもまた、いま大学が進めつつある改革の一端を担う責務を帯びていることはいうまでもありません。その意味からも、皆さんが充実した勉学と研究の生活を送ることを、私たちとしても強く願い、期待するものであります。

また大学は、社会に対して、日本の将来に対して、これまで以上の明確なかたちでの貢献を求められています。少し深めて言えば、日本の文化と経済が国際社会において一層の存在感を与えることについて、あるいは国際競争力を持つことについて、日本の高等教育がしっかりと責務を果たすことが求められているのであります。

それでは、どのように努力すれば責務を果たせることになるのか。一つの考え方を申し上げるならば、21世紀は知識基盤社会といわれる時代でありますから、文化と経済の国際競争力を高めるためには、なによりも、活発な「知識財」の生産が行われなければなりません。その活動の主要な担い手の一つが大学であり、大学院であり、研究者であり、大学院生なのであります。知識財の生産とは、人々の持つ知識・情報・アイディアを原材料として、そこから有用なソフトウェアやコンテンツを生み出す行為にほかなりません。それは、人と人との情報や知識の交換と交流、議論を通じての融合と結合によるものであり、その意味において、皆さんのこれからの一橋大学における毎日のゼミ、授業、研究会、学会活動こそが、まさに日本の知識財の生産現場なのです。そのように考えるならば、この現場において皆さんが日々ベストを尽くすこと、それが大学人としての責務を遂行する一つの道筋であるように思います。

皆さんには、そのような自分自身の位置づけをぜひ認識していただきたい。そして、日々の切磋琢磨によって、今日からの数年間に大いなる飛躍を遂げていただきたいと思います。皆さんの努力と健闘をお祈りして、私の歓迎の言葉といたします。

一橋大学長 杉山 武彦
2005/04/05

Share On