プリント

平成16年度学位記授与式における式辞

卒業生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。また、ご臨席いただきました多数のご家族の方々、まことにおめでとうございます。 本日ここに、如水会の先輩方をはじめとするご来賓、本学名誉教授、卒業生のご家族、ならびに教職員各位のご列席を得て平成16年度学位記授与式を盛大に挙行することができますことは、まことに喜びにたえないところであります。

さて、こうして卒業生を送り出すこの日に、長年本学の発展に多大なご尽力をいただいた4人の先生とも、お別れをいたさねばなりません。定年制の規定により本年度限りでご退職なさる4人の先生方を壇上にお迎えしておりますので、それぞれのご経歴を簡単にご紹介申し上げ、あらためて、これまでの本学に対するご貢献に感謝の意を表明いたしたいと存じます。

  

商学研究科の片岡寛教授は、昭和44年に商学部専任講師にご就任になり、以来36年の長きにわたり、商品評価論、商品開発論等々の科目を担当され、熱意溢れる講義で多くの学生を魅了し、また慕われて来られました。学界の牽引役として商品学の発展に限りない情熱を注ぎ、研究を志す後進に大きな刺激を与え続けておられます。またこの間、先生は学内行政の面においても、評議員、学生部長、商学部長、イノベーション研究センター長などの要職を務められ、本学の発展に実に多大の貢献をされました。

経済学研究科の池間誠教授は、昭和49年に経済学部助教授として着任され、以来、31年間にわたり国際経済学、経済学史などの科目を担当されました。日本の国際経済学研究の第一人者として長年にわたって学界をリードして来られ、これまで、先生の厳しく情熱的な教育と研究の下に、次代を担う多数の優れた研究者が巣立ってまいりました。先生は評議員、経済学部長、本学附属図書館の図書館長などの要職を歴任され、学内行政の面からも本学の発展に多大の貢献をされました。

続いて、社会学研究科の松岡弘教授は、昭和61年に社会学部教授としてご着任ののち、時代の要請によって留学生の受入れと留学生教育の重要性が加速度的に高まっていく過程の中で、19年にわたり、日本語学の研究、また日本語教育の実践と研究、とりわけ教科書作成などの教材研究の分野において先駆的な業績を数多く挙げて来られました。先生は本学の留学生センターの設立にもご尽力され、センター長をお努めになり、その面からも本学の発展に多大の貢献をなさいました。

最後は、言語社会研究科の新井皓士教授は、昭和46年に経済学部に専任講師として着任されました。後に新設の言語社会研究科に籍をお移しになりますが、34年にわたり、学部ではドイツ語、文芸社会学など、大学院では言語情報解析論などの講義を担当されるとともに、ドイツ近世の文学と歴史を研究対象とされ、先進的な研究にも取り組み、大きな成果を挙げて来られました。先生もまた、小平分校主事、評議員、言語社会研究科長、情報処理センター長などの要職をお努めになり、本学の発展に多大の貢献をなさいました。

以上ご紹介いたしましたように、4人の先生方はこれまで長い間、私たちをお導き下さいました。ここでご来賓、卒業生のご家族、本学の教職員、ならびに卒業生の皆さんとともに、先生方の本学へのご貢献、そして学界でのご業績に対して感謝と敬意の気持ちをこめて、さらにまた、先生方が今後ともお元気でご活躍されますことをお祈りいたしまして、満堂の拍手をもって先生方に感謝申し上げたいと存じます。  - 拍手 -

さて、卒業生の皆さん、ならびにご家族の方々、あらためてご卒業おめでとうございます。心からお祝いを申し上げます。と同時に、お願いもあります。皆さんが卒業を果たし、今日新しい生活への門出に立つことができたのは、なによりもまず皆さん自身の努力による結果ではありますが、同時にそれは、ご両親をはじめとするご家族、また友人、恩師らの励ましと導き、支えによるものでもありましょう。さらには、間接的なものとは言え、一橋大学の先輩たちが築いてきた学問上の伝統や本学の同窓会組織である如水会の活動等の恩恵を蒙るものであることにも、ぜひ思いを致していただきたいと思います。

私は、このような場で本学の先輩たちがしばしばそうして来られたように、ここで今日の日の皆さんに当てはまる二つの事柄について私の所感を申し上げて、送る言葉としたいと思います。第一は、皆さんが一橋大学における大学生活を通じてこれまでに修めてきた学問や知識が、皆さんの今後の人生にとってどのように位置づけられ、どういう意味を持っているのかということについて、第二は、その学問や知識を社会においてどのように活かしていくのかについてであります。

第一の点は、学ぶということが我々の一生の中でどのような意味をもっているかをあらためて考えてみるということにほかなりません。近年においては、人生を80年と見て、それを4つの時期に区分することが社会環境の実態にも符合するようであります。そこで、4つに区切ったそれぞれの20年を人生の起承転結としてあてはめてみますと、そこから、人が時期に応じてどのようなことを考えなければならないかが多少とも示唆されてくるように思われます。

起承転結の「起」は、いうまでもなく、基礎と基本の確立のステージであります。皆さんは大学での学業を完了し、まさに学問の骨格、今後の人生において活かされるべき学びの基礎部分を、まずは身につけた段階にあると考えられます。

起承転結の「承」は、「起」の時期に培った基礎の上に自分の得意の分野を作り、それを伸ばす時期にあたります。この時期以降の学びのかたちは人さまざまであり、内容も多様であります。社会生活の上では、家庭を築き家族を持ち、社会の構成単位として独立していくステージであります。このとき重要なことは、もしそれ以前に培った基礎が弱ければ、また、その基礎との接続の努力を怠るならば、以後の学びや独自の領域の形成における選択の範囲が必然的に狭いものとならざるを得ない、人が用意してくれる枠組みや考え方に従って、社会からの、あるいは周囲からの誘導に従って、その範囲内で物事を処理し行動するにとどまることになる、という認識であります。従って「承」の時期には、「起」の時期に学び得たことを自分自身で確認するとともに、形と内容はどのようなものであれ、それを踏まえて学びを持続するということが頗る重要であります。ましてや、基礎に欠けるところを残したとの反省があるのであれば、一層のこと、皆さんにとって、卒業後の勉強がきわめて大きな意味を持つことになるでありましょう。

さて、起承転結の「転」は、おおむね40歳を過ぎてからの20年間に相当することになります。一昔前までの社会であれば、自己の属する組織において、定年までを大過なく過ごす時期でありました。しかし、いうまでもないことですが、これから皆さんが乗り出してゆく現在の社会は、きわめて変化の激しい、不透明な先行きを持った世界であります。企業の倒産、買収、リストラなどの言葉がマスコミを通じて目や耳に飛び込んでこない日はありません。そうであるとすれば、表面的な変化の有無は別としても、40代で人生の後半に入っていくにあたって、場合によってはそれまでの蓄積を振り捨ててでも、新たに学び、新たな領域に踏み込んでいくだけの心構えを持っておく必要があると考えるべきであります。このことがたいへんなエネルギーを要することであって、つねに可能とは限らないということは自分自身の経験からも容易に推測できるところですが、そのことの重要さ自体はぜひ強調しておきたいと思います。いま「場合によっては、それまでの蓄積を振り捨ててでも」と申しましたが、それはむろん、それ以前の蓄積が無関係だということを意味しておりません。新たに学ぶ対象と方法の選択においては、以前に身に着けた力が土台となることは当然だからであります。

起承転結の最後の「結」は、そこで自己を高める努力を継続することは望まれるとしても、基本的には、自己の経験や技術を次代へとつなげるステージということになります。それも前段階までの積み重ねがあって初めて可能となることはいうまでもありません。

以上のように考えるとき、自明のこととは言え、学びの継続ということが大事であります。皆さんには、自分にとって一回しかないこのサイクルを深く認識し、自分の学んできたことを振り返って、頭の中に今後の学びのグランドデザインを作り上げていくことをお奨めしたいと思います。

第一の事柄の最後として、佐藤一斎という幕末の儒学者が残した言葉を紹介いたします。これは、もしかすると紹介などと私がいうのはおこがましいほどに、よく知られた言葉なのかもしれません。私は、ここ数年の間に複数の機会にこの言葉の引用に出会い、このメッセージに胸中大いに励まされるものを感じております。それは「少にして学べば、すなわち壮にして為すことあり。壮にして学べば、すなわち老にして衰えず。老にして学べば、すなわち死しても朽ちず。」というものであります。

表面的にはたいへん平易な言葉ですので、ことさら説明を加える必要もないと思われます。少にして学ばないと、壮にして何をしてよいか分からない。それは一番哀しい、一番寂しいことでありまして、そうなってはいけない。大学を卒業する学生を捕まえて「少にして」という失礼は許していただきますが、皆さんは、少にして立派に学んだのでありますから、これを次の段階に的確につなげ、いつまでも老いない、朽ちない人生を歩んで下さることを切に願っております。

第二に申し上げたいことは、かくして皆さんが身に着けた知識と学問を、これから社会でどのように生かしていくかということについてであります。

今日の社会では、科学技術の開発や知識財の生産が経済の成長をリードするようになり、その反映として、社会生活も多様性を増し、変化のテンポもますます早まって来ています。組織も技術も人々の嗜好も急速に変わります。そのような21世紀の知識基盤社会において変化に適切に対応しつつ自己の存在を確立してゆくことは、従来よりも格段に難しいことになっているかも知れません。しかし、皆さんに関して、私はそのことをさほど心配してはおりません。本学で学業を修めた人間として、皆さんには十分な力が備わっており、知識がますます力を持つ世界において、皆さんは相対的に恵まれた立場にあって、洋々たる前途が待っているはずであります。

一方、社会の求めに適切に対応するという受動的な側面については問題がないとして、皆さんには、これまでに身に着けた知識と思考力を基にして、社会のあり方に能動的に働きかけ、それを規定してゆくという側面が期待されていることもいうまでもありません。そこにおいて、知識をどのように活かすのか、学問をすることの意味は何か、ということがあらためて問題となります。この点について、本学の歴代の学長はそれぞれに卒業生に貴重な示唆を贈って来られました。ここでも適宜それらを踏まえ借用もさせていただきますが、私自身の表現としては、「志」ということの大切さを訴えたいと思います。ここで志とは、私と公の対比において、自己を従に、公共を主に据える姿勢を考えています。

知識はそれ自体は正しいとしても、手段である知識は、正しい目的に向けられなければなりません。知識はそれ自体がただちに倫理的あるいは道徳的基準に合致するものではありません。我々は知識を正しい目的に奉仕せしめ、その知識を叡智ともいうべきものに高めることに努めなければなりません。また、皆さんの知識はおのずから経済的な富に結びつくものでもありますが、富もまた、それ自体が単純に望ましいものではありません。富が我々を支配し、その追求に我々を駆り立てることがあってはならず、富はあくまでも価値あることを実現するための手段でなければなりません。知識を、学問を、自分のためにではなく、周囲のため社会のために役立てるという「志」を忘れないようにしていただきたいのです。私は、古来多くの人が同じことを繰り返し述べていることを知りました。吉田兼好は「大きなる職をも辞し、利をも捨つるは、ただ学問の力なり」と言いました。佐久間象山は「おほよそ学は、徳行をもって首となす」と言いました。山鹿素行は「学は志を立つるにあり」と言っています。貝原益軒は「学問するは、善を行わんがため也」と言いました。また山科道安という人は「およそ学問をする人に、その目のつけどころ、何のためにするということなきは、何の益にならず」といっております。また、振り返ってみれば、一橋大学がほぼその建学のときから標榜し続けてきたトマス・カーライルのキャプテンズ・オブ・インダストリーという言葉も、まさに同じ趣旨のことを言わんとするものであったと思われます。知識の力を、そして富を、社会と公共の利益に結びつけることが社会科学を生かす正しい道であります。皆さんには、社会に出て、このキャプテンズ・オブ・インダストリーの精神をあまねく世界に示して下さることを強く期待したいと思います。

我々には、自分の持つ知識がまことに限られたものであることを謙虚に認めつつも、その少ない知識を総動員して未知の社会や宇宙の森羅万象に思いを巡らし、誠実に考え、取り組むことが必要であります。それをなさしめるところが学問の真髄であり、その努力を重ねていくことがまた我々の知識と学問を高める所以でもあると確信いたします。

このように申し上げ、併せて皆さんのご多幸とご健勝、ご活躍をお祈りし、これをもって本日の式辞を閉じさせていただくことといたします。ご清聴有り難うございました。

一橋大学長 杉山 武彦
2005/03/28

Share On