HOME > 国際化推進本部とは

本部の概要

国際化推進本部とは

国際化推進本部 国際化推進室長
村田 光二

現在、日本の大学は大きな変革期にあります。少子高齢化のもとでの大学経営や大学再編という切実な課題に加え、グローバル化にともなう国際社会の急激な変化が高等教育機関をも大きく揺るがしているからです。とりわけ、高等教育の質保証、いいかえれば、大学における教育研究活動の質をめぐっては、国際的な大学間競争と協力関係が同時並行的に進展しています。一方においては学位等の国際通用性・共通性の確保が叫ばれ、他方では外部資金の獲得競争が激しくなり、また大学ランキングや格付けといった新しい価値観が急速に進展している−−−そんな現状があります。

こうした問題意識のもと、本学は、これまでの一橋大学の歴史と実績を踏まえて、21世紀に求められる先端的社会科学の研究教育の世界的拠点として、日本、アジア、ひいては世界に共通する重要課題の理論的・実践的な解決を目指します。すでに本学の第2期中期目標にも謳われるとおり、「世界で通用する多様な人材を育成するため、学部・大学院を通じて学生の国際交流を推進するなど、教育の国際化を進める」ことは大学の国際化を進めるうえで最大の課題です。本学ではまず、外国人学生の受入れ数900名(受入れ比率15%)、日本人学生の送出し300名(学部生の約3分の1)を目標値としています。

また、学長のリーダーシップのもと、全学一丸となって国際化を加速化する体制も整えました。従来の「国際戦略本部」は学長を本部長とする「国際化推進本部」に再編成され、「国際化推進室」はグローバル化に向けて柔軟かつ機動的な役割を果たし、さらに旧「留学生センター」と旧「留学生課」は国際競争力のある学生を育成するという視点から「国際教育センター」と「国際課」へと改組しています。

本学は、国際化推進本部を中枢として、「市民社会の学である社会科学の総合大学」としての伝統を守るだけではなく、世界水準の研究成果を創出する「社会科学系研究総合大学」として、また、地球規模の問題解決に果敢に取り組む先鋭的人材を継続的に育成できる教育機関として、大胆なグローバル化戦略にとりくんでまいります。