プリント

お知らせ

駐日パキスタン大使による講演会「Japan-Pakistan Friendship」を開催しました

2015年1月6日(火)、一橋大学国立キャンパスにて、ファルーク・アーミル駐日パキスタン・イスラム共和国大使による講演会「Japan-Pakistan Friendship」を開催しました。本講演は、日本の学生との交流を大切にされているファルーク・アーミル大使のご提案により、「グローバル・ガバナンス論」(法学部 秋山信将教授)の授業の一環として実施されました。

講演会に先立って、ファルーク・アーミル大使と本学教授陣との懇談の場が設けられました。本学からは蓼沼宏一学長をはじめ、村田光二理事・副学長、秋山教授、黒崎卓経済研究所教授の4人が参加し、パキスタンとの今後の交流について活発な意見交換が行われました。

講演会には本学の学生約50人が出席し、ファルーク・アーミル大使によるパキスタンの歴史・文化・経済事情や国際関係についてのプレゼンテーションが英語で行われました。パキスタンと日本が貿易や災害時の支援などを通じて友好関係を保っていることも紹介され、受講者は熱心に聴き入っていました。講演後には大使との質疑応答が英語で行われ、多数の質問が寄せられ議論はつきることなく、講演は盛況のうちに終了しました。

写真:大使と本学教授陣
ファルーク・アーミル大使(左から二人目)と本学教授陣との記念撮影
写真:講演を行うファルーク・アーミル大使
講演を行うファルーク・アーミル大使
写真:受講者からの質疑応答
受講者からの質疑応答
写真:講演会の様子
講演会の様子

お知らせ

Share On