プリント

お知らせ

大学院商学研究科鷲田祐一准教授が、『2014年度オフィス関連書籍奨学資金審査』で 「優秀賞」並びに「日刊工業新聞社賞」を受賞しました

 大学院商学研究科鷲田祐一准教授の著作『デザインがイノベーションを伝える-デザインの力を活かす新しい経営戦略の模索-』(有斐閣/2014年5月発行)が、一般社団法人日本オフィス家具協会が主催する、『2014年度オフィス関連書籍奨学資金審査』にて、「優秀賞」並びに「日刊工業新聞社賞」を受賞しました。
 本審査は、オフィス、オフィス家具に関連する書籍を、産業、経済、文化に貢献する度合いや有効性の見地から審査を行い、表彰状、奨学金を授与することで、これを励みとして書籍の出版に勢いがつき、オフィスの体系が築かれることを目指すものです。
 選定方法は、前年7月頃から本年6月頃までに発刊された書籍の中から、書店の協力を得て、「オフィス」、「オフィス家具」、「働き方」等をキーワードに14作品程度を選び、その中から事務局が会員有識者の助言を参考に、4作品程度に絞り込み審査委員に提示、審査委員は最優秀作品1作品、優秀作品1作品を全員合意するまで協議した上で決定します。また今年度から後援の日刊工業新聞社により、1作品に日刊工業新聞社賞が授与されることとなり、鷲田准教授の同著作が選ばれました。

お知らせ

Share On