プリント

お知らせ

パリ第一大学(パンテオン‐ソルボンヌ)と学術・学生交流協定を締結しました

 平成24年11月19日(木)、本学は、研究協力及び学生の交換留学などを推進していくことを目的とし、パリ第一大学(パンテオン‐ソルボンヌ)と学術・学生交流協定を締結しました。
 本協定は、商業・ビジネス・経営、経済、法、国際関係、政治、社会研究を含む社会科学、並びに、歴史及び哲学を含む人文科学を網羅するものであり、これにより研究者や学生の相互交流の他、共同研究・出版、講演会やセミナーの共同開催、学生の共同指導などが促進されます。
 調印式は、パリ第一大学パンテオン‐ソルボンヌ(フランス・パリ市)のサロン・ブルーにて執り行われました。本学からは山内進学長、川﨑恭治役員補佐、パリ国際大学都市日本館館長の佐野泰雄言語社会研究科教授が、パリ第一大学からは、Philippe Boutry学長、Jean-Marc Bonnisseau国際交流担当副学長、Claude Ménard経済学部長などが参加しました。調印式後には、レセプションが開催され、両学長が和やかに懇談し、今後の交流関係の発展を誓いました。


協定書にサインをする山内進学長とPhilippe Boutry学長


協定書の締結後、握手をかわす両学長

お知らせ

Share On