プリント

お知らせ

経済研究所 吉原直毅教授がThe Distinguished Achievement Award in
Political Economy for the 21st Centuryを受賞

 経済研究所の吉原直毅教授が World Association for Political Economy の第6回大会において、The Distinguished Achievement Award in Political Economy for the 21st Century を受賞しました。

 World Association for Political Economy (WAPE) は現代的政治経済学(現代的マルクス経済学)の国際学会として、2006年以来、毎年1回の世界大会を開催しています。The Distinguished Achievement Award in Political Economy for the 21st Century はWAPEによって創設された学会賞であって、政治経済学における現代的な学術研究を啓発する事を目的として、この分野における理論及び方法論に関して、2001年以降において重要な革新的研究成果を挙げた世界の様々な国々の経済学者達に対して授与するものです。

 この学会賞授与は昨年の第5回大会より開始され、今回は2回目の授与に当ります。今回の学会賞授与ではAlan Freeman, Al Campbell, Gérald Duménil 等の世界的にも極めて著名な欧米系マルクス経済学者を含めて10名ほどが受賞しています。また、日本人としての受賞は、第1回受賞者の伊藤誠・東京大学名誉教授に続いて、今回が2人目になります。

The Distinguished Achievement Award in Political Economy for the 21st Century

お知らせ

Share On