プリント

お知らせ

一橋大学兼松講堂レジデントオーケストラが誕生

 国立大学法人一橋大学(学長 杉山武彦(すぎやまたけひこ)) は,創立135周年・国立(くにたち)移転80周年を記念して,本学の卒業生(宮城敬雄(みやぎゆきお)氏 S43商学部卒)が代表 兼常任指揮者を務め,若手精鋭で組織されるプロフェショナル・オーケストラ“国立(くにたち)シンフォニカー”が,「一橋大学兼松講堂レジデントオーケストラ」として兼松講堂を拠点に活動することについての協定を締結しました。今後,地域住民のために質の高い演奏を低廉な価格で提供できるよう大学としても協力していくこととしております。
 このオーケストラの活動拠点となる一橋大学兼松講堂は,創建(1927年)以来今日まで国内外の代表的な音楽家が多数来演しており,“隠れた”名コンサートホールとしても親しまれておりますが,2004年3月に本学卒業生等による募金で行われた77年ぶりの大改修の際には,音響設計の専門家の監修のもと,音響的にも配慮された改修が行われ,自然な響きを持った本格的なコンサートホールとしても注目されています。 協定書の調印式は,6月3日(木)11時から一橋大学佐野書院にて執り行われました。今後,創立135周年・国立移転80周年記念式典を9月25日(土)に挙行し,その記念事業の一環として,10月24日(日)に本学兼松講堂で“国立(くにたち)シンフォニカー”初の演奏会を開催いたします。

国立(くにたち)シンフォニカーと一橋大学の調印式
協定書の調印を終え握手する杉山学長(右)と宮城氏(左)

お知らせ

Share On