プリント

お知らせ

竹下守夫名誉教授が、日本学士院会員に選定されました

 竹下守夫名誉教授(経営協議会委員)が、このたび日本学士院会員に選定されました。 竹下名誉教授は、民事訴訟法とその周辺諸領域の研究において高い業績を挙げられ、その成果は、わが国の立法および司法制度改革、さらには海外への立法支援の学術的基盤となっています。

竹下名誉教授の本学における経歴
昭和45年4月一橋大学法学部助教授
昭和47年3月一橋大学法学部教授
昭和54年2月一橋大学評議員に併任(昭和57年6月まで)
昭和58年11月一橋大学学生部長に併任(昭和60年10月まで)
平成2年5月一橋大学法学部長に併任(平成4年4月まで)
平成8年3月一橋大学を停年により退官
平成8年3月一橋大学名誉教授
平成16年4月一橋大学研究カウンシル委員(現在に至る)
平成18年4月一橋大学経営協議会委員(現在に至る)

詳細は日本学士院のページをご覧ください

お知らせ

Share On