プリント

お知らせ

 平成18年度卒業生による記念植樹

平成19年3月15日(木)午後、マーキュリータワー東側に平成18年度卒業生約30人が記念植樹のために集まりました。

植樹に先立ち、一橋植樹会顧問の福嶋司・東京農工大学教授によって、今回植樹されるシャクナゲとカルミアについて由来などの紹介がされました。 引き続き、記念植樹の企画責任者である経済学部4年の高橋浩平さんから、シャクナゲとカルミアを選んだ理由がそれぞれの花言葉によるものであることを交えた挨拶があり、その後、杉山学長を含む職員・一橋植樹会員ら大勢が見守る中、卒業生のみなさんの土入れが始まりました。

最後に杉山学長から「記念植樹の企画を大変うれしく思っている」との言葉があり、卒業生の記念撮影で本学初のイベントは和やかにおひらきとなりました。

【企画責任者・高橋浩平さん】
大学、一橋植樹会の皆様のご支援と、たくさんの仲間に囲まれて行われた卒業記念植樹は、一生忘れられない思い出になりました。いつかまた、皆がここに集まるのが楽しみです。

杉山学長と卒業生のみなさん

お知らせ

Share On