プリント

お知らせ

 「国分寺子どもクラブ」が学生ボランティア団体助成の対象団体に決定

このたび、一橋大学学生団体「国分寺子どもクラブ」が、財団法人学生サポートセンターが選ぶ平成18年度(第4回)「学生ボランティア団体」支援先に決定し、1月30日(火)に財団法人学生サポートセンター(渋谷区神宮前、青山オーバルビル)内において助成金(一団体あたり10万円)贈呈式が挙行されました。一橋大学としては、平成17年度(第3回)に続いての助成採択となります。

この学生ボランティア団体支援は、自由な発想と行動力によって、社会貢献を計画・実行している学生の団体を対象に、組織の活性化やネットワーク作りなどを経済的に支援し、併せて学生の自発的社会参加とリーダーシップの育成効果も期待する目的で、財団法人 学生サポートセンターにより毎年度行われているものです。

今回支援先となった「国分寺子どもクラブ」は、25年の歴史をもち、現在は一橋大学・津田塾大学・東京学芸大学・その他国分寺近辺の大学の学生が中心となって運営され、国分寺市に在住する小中学生の障害児とその兄弟を対象として、スタッフ一人につき子ども一人という担当制で活動している団体です。

贈呈式 クラブ代表者
学生ボランティア団体助成金贈呈式にて、
表彰状授与の模様
国分寺子どもクラブ代表
左:小澤俊裕さん(大学院社会学研究科2年)
右:井上佳子さん(社会学部2年)

代表者 小澤俊裕さんの言葉:「今回、このような表彰をしていただき、感謝しております。 来年度以降も、一橋大学のボランティア団体が対象団体に選ばれることを望んでいます。 この種のボランティア団体は、内々で活動している場合が多いので、各々の団体の活動がさらに周知されるとよいと思います。」

お知らせ

Share On