プリント

2014年一橋大学関連News

国立市に配達される朝日・読売・毎日・東京・日本経済・産経・日経産業・日刊工業の新聞各紙等から一橋大学に関連する記事をピックアップし、概要を紹介いたします。 お気づきの点などございましたら、総務部広報室までご連絡くださいますようお願いいたします。

<一橋大学総務部広報室>
E-mail:pla-ko.g
TEL:042-580-8032 FAX:042-580-8889

    2014/12/29 朝日 朝刊 22面
  • 「まなあさ まなぶ@朝日新聞」欄に、「グローバル社会における開発と貧困」をテーマにしたグローバル人材育成フォーラムの英語のプレゼンテーション大会で、本学学生が優勝したことが掲載される。

  • 2014/12/27 東京 朝刊 23面
  • 「Campus インフォメーション」欄で、「公的統計のあり方とエビデンス・ベース政策形成~新統計法施工から5年」と題した、本学政策フォーラムが開催されることが掲載される。

  • 2014/12/26 読売 朝刊 2面
  • 「顔」欄で、蓼沼宏一学長が、学長就任についてインタビューに答える。

  • 2014/12/25 日経 朝刊 31面
  • 主要129大学の2013年度決算の分析記事の中で、一橋大学基金についての記事が掲載される。

  • 2014/12/25 毎日 朝刊 11面
  • 「月刊時論フォーラム」で、法学研究科 秋山信将教授が、衆院選の与党圧勝をテーマに議論した内容が掲載される。

  • 2014/12/24 産経 朝刊 20面
  • 2014年に一橋大学広告研究会が大会実行委員長を務めた、学生広告大会で優勝した東洋大学のサークルが、本学兼松講堂の前で「歩きスマホ」の危険性を訴える「フラッシュモブ」を披露したことが掲載される。

  • 2014/12/21 日経 朝刊 9面
  • 「日曜に考える」欄で、関満博名誉教授が、安倍内閣の経済政策における成長戦略についてインタビューに答える。

  • 2014/12/21 日経 朝刊 23面
  • 花崎正晴名誉教授の著書「コーポレート・ガバナンス」(岩波新書)が、紹介される。

  • 2014/12/20 読売 朝刊 27面
  • 「視点」欄で、石弘光名誉教授が、理想的な税制改革について意見を述べる。

  • 2014/12/19 日経 朝刊 34面
  • 「風」欄で、経済研究所 臼井恵美子准教授他の母乳育児と親の働き方の関係についての論文の内容が、引用される。

  • 2014/12/14 日経 朝刊 11面
  • 「日曜に考える」欄で、商学研究科 伊藤邦雄教授が、ROE重視と日本経済についてインタビューに答える。

  • 2014/12/14 日経 朝刊 21面
  • 「今を読み解く」欄で、商学研究科 延岡健太郎教授が、商品設計とデザインの融合について意見を述べる。また、商学研究科 鷲田雄一准教授の著書「デザインがイノベーションを伝える」(有斐閣)を、紹介する。

  • 2014/12/13 東京 朝刊 6面、2014/12/13 朝日 朝刊 35面、2014/12/13 日経 朝刊 42面、2014/12/13 産経 朝刊 28面
  • 斎藤修名誉教授が、学士院会員に選出されたことが掲載される。

  • 2014/12/12 読売 朝刊 32面、2014/12/19 読売 朝刊 32面、2014/12/21 読売 朝刊 29面
  • 社会学部と読売新聞立川支局が共催で行う連続市民講座「再生と変容―移りゆく社会をとらえる―」について掲載され、中北浩爾教授が「自民党政治の再生と変容」と題して講義をすることが掲載される。また、講義の内容が掲載される。

  • 2014/12/11 日経 朝刊 28面
  • 「経済教室」欄で、経済研究所所長 深尾京司教授が、安倍政権の経済政策について意見を述べる。

  • 2014/12/10 日経産業 朝刊 22面
  • 「明光紙背」欄で、商学研究科 伊藤邦雄教授が中心となりまとめた経済産業省のプロジェクトの件について、言及される。

  • 2014/12/9 日経 朝刊 27面
  • 「経済教室」欄で、経済学研究科 齊藤誠教授が、安倍政権の経済政策について意見を述べる。

  • 2014/12/7 日経 朝刊 19面
  • 「読書」欄で、寺西重郎名誉教授の著書「経済行動と宗教」(勁草書房)が、紹介される。

  • 2014/12/7 日経 朝刊 21面
  • 国際企業戦略研究科 菅野寛教授の著書「経営の失敗学」(日本経済新聞出版社)が、紹介される。

  • 2014/12/5 日経 朝刊 27面
  • 「経済教室」欄で、経済学研究科 國枝繁樹准教授が、消費税増税の延期と財政について意見を述べる。

  • 2014/12/4~12/17 日経 朝刊
  • 「やさしい経済学」欄で、経済学研究科 竹内幹准教授が、経済的な意思決定における男女の行動の違いについて意見を述べたコラムがこの日から9回連続で掲載される。

  • 2014/12/1 日経 夕刊 1面
  • 本学が日本取引所グループと協力し、企業の最高財務責任者(CFO)育成事業に取り込むため、2015年4月に商学研究科 伊藤邦雄教授がセンター長を務める「CFO教育研究センター」を開設することが掲載される。

  • 2014/12/1 読売 朝刊 9面
  • 「文化」欄で、「私の3編」として、経済研究所 小塩隆士教授が安倍政権の経済政策への評価に関して、注目すべき3編の評論を紹介する。

  • 2014/11/28 日経 朝刊 39面
  • 日経BPコンサルティングがまとめた「大学ブランド・イメージ調査2014-2015(首都圏編)」で、本学が6位にランキングされたことが掲載される。

  • 2014/11/28 日刊工業 朝刊 27面
  • 本学学生 麻生輝明さんが、「第11回キャンパスベンチャーグランプリ(CVG)東京」で、日刊工業新聞社賞に選ばれたことが掲載される。

  • 2014/11/27 毎日 朝刊 11面
  • 法学研究科 秋山信将教授が、試される日本の戦略観と題し、日・中・米国の関係について意見を述べる。

  • 2014/11/26 日経 朝刊 44面
  • 関西大学社会安全学部大学院社会安全研究科第5回東京シンポジウムで、堀部政男名誉教授が「ビッグデータ時代のパーソナルデータの利活用と保護」と題して基調講演をした内容が掲載される。

  • 2014/11/21 日経 朝刊 40面、2014/12/22 日経 朝刊 22.23面
  • 第1回日経ビッグデータマネジメントフォーラムで、商学研究科 神岡太郎教授が「ビッグデータを組織で生かす 台頭するCDO(チーフ・デジタル・オフィサー)とは」と題して基調講演をした内容が掲載される。

  • 2014/11/21 日経 朝刊 17面
  • 「目覚める資本」欄で、商学研究科 伊藤邦雄教授が、機関投資家と企業のありかたについてインタビューに答える。

  • 2014/11/18 日経 朝刊 27面
  • 「経済教室」欄で、国際企業戦略研究科 相澤英孝教授が、職務発明制度について意見を述べる。

  • 2014/11/17 毎日 夕刊 2面
  • 社会学研究科 中北浩爾教授が、平成26年の衆議院の解散について意見を述べる。

  • 2014/11/17 日経 18面
  • 高校の歴史教育について、油井大三郎名誉教授のコメントが掲載される。

  • 2014/11/15 読売 朝刊 14面
  • 「視点」欄で、社会学研究科 中北浩爾教授が、片山・芦田連立内閣のその後の日本政府への影響について意見を述べる。

  • 2014/11/15 産経 朝刊 22面
  • 法学研究科 山本和彦教授が座長を務める、厚生労働省の医療事故調査制度の運用指針を協議する検討会の議論の内容が、掲載される。

  • 2014/11/14 日経 朝刊 35面
  • 石倉洋子名誉教授が、日本経済新聞社が主催の「ウーマンズ・イニシアチブ・フォーラム in Tokyo 2014」で司会をする。また、女性の起業の特徴や環境の変化についてインタビューに答える。

  • 2014/11/14 日経 朝刊 40面
  • 日経ユニバーシティ・コンソーシアム 第9回四大学連合文化講演会において、経済研究所 後藤玲子教授が、「災厄と保障の3(スリー)D(ディメンジョン)―経済、社会、そして政治」と題し、講演した内容が掲載される。

  • 2014/11/8 読売 夕刊 1面
  • 法学研究科 辻琢也教授が座長を務める、総務省と文部科学省の「公立大学の力を生かした地域活性化研究会」が発足したことが掲載される。

  • 2014/11/8 読売 朝刊 33面、2014/11/14 読売 朝刊 32面、2014/11/16 読売 朝刊 33面、2014/11/22 読売 朝刊 31面
  • 社会学部と読売新聞立川支局が共催で行う連続市民講座「再生と変容―移りゆく社会をとらえる―」について掲載され、宮地尚子教授が「心を護り、耕すということ」と題して講義をすることが掲載される。また、講義の内容が掲載される。

  • 2014/11/4 日経 朝刊 11面
  • 「風」欄で、斎藤修名誉教授が、文化功労者として顕彰された日本経済史と歴史人口学の大家として紹介される。

  • 2014/11/3 読売 朝刊 12面
  • 「文化」欄で、寺西重郎名誉教授が、仏教観でとらえる日本経済について意見を述べる。

  • 2014/11/3 日経 朝刊 17面
  • 「経済教室」欄で、経済研究所 黒崎卓教授が、途上国における児童労働の撲滅と教育普及について意見を述べる。

  • 2014/11/3 日経 朝刊 15面
  • 「法務」欄で、商学研究科 伊藤邦雄教授が、機関投資家と企業の対話についてコメントを掲載する。

  • 2014/10/31 毎日 夕刊 4面
  • 「キャンパる」「学芸員と図書館司書」欄で、本学職員がインタビューに答える。

  • 2014/10/31 日経 朝刊 36.37面
  • 経済産業省、日本経済新聞社主催シンポジウム「攻めの時代のIT活用~戦略的投資でビジネスを変革する~」が開催され、商学研究科 伊藤邦雄教授の記念講演の内容が掲載される。

  • 2014/10/31 日経 朝刊 26面
  • 日本貿易会主催シンポジウム「商社ビジネス最前線~商社とは何か~」が開催され、国際企業戦略研究科 楠木建教授がパネリストとしてパネルディスカッションに参加した内容が掲載される。

  • 2014/10/27 毎日 朝刊 15面
  • 「くらしナビ学ぶ」欄で、高校の歴史教育について、油井大三郎名誉教授のコメントが掲載される。

  • 2014/10/26 日経 朝刊 21面
  • 「経済論壇から」欄で、経済研究所 北村行伸教授の『週刊エコノミスト10月28日号』に掲載された記事が、また、高山憲之名誉教授の『10月2日付経済教室』に掲載された記事が、引用される。

  • 2014/10/24 日経 朝刊 1.12面、2014/10/24 東京 夕刊 1面、2014/10/25 朝日 朝刊 23.30面、2014/10/25 産経 朝刊 2面
  • 経済研究所 斎藤修名誉教授が、文化功労者に選出されたことが掲載される。

  • 2014/10/21 日経 朝刊 1面
  • 「春秋」欄で、法学研究科王雲海教授の著書、「賄賂はなぜ中国で死罪なのか」(国際書院)が、引用される。

  • 2014/10/17 日経 朝刊 39面
  • 東京都が首都大学東京を活用し、高度な金融知識などを備えた人材育成に取り込むことに関する記事に、他にも金融の研究に力を注いでいる大学として、本学があげられる。

  • 2014/10/14 朝日 朝刊 2面、2014/10/14 読売 朝刊 14面、2014/10/14 日経 夕刊 1.3面、2014/10/15 毎日 朝刊 2面、2014/10/15 読売 朝刊 10面、2014/10/15 産経 朝刊 11面、2014/10/15 東京 朝刊 3面、2014/10/20 日経 朝刊 21面
  • ジャン・ティロール名誉博士が、ノーベル経済学賞を受賞したことが掲載される。山内進学長、経済研究所 北村行伸教授、商学研究科 伊藤秀史教授のコメントが掲載される。

  • 2014/10/13 産経 朝刊 17面
  • 「文化」欄で、安丸良夫名誉教授の著書「出口なおー女性教祖と救済思想」(岩波現代文庫)が、引用される。

  • 2014/10/11 読売 朝刊 33面、2014/10/18 読売 朝刊 32面、2014/10/19 読売 朝刊 33面、2014/10/25 読売 朝刊 31面
  • 社会学部と読売新聞立川支局が共催で行う連続市民講座「再生と変容―移りゆく社会をとらえる―」について掲載され、福富満久准教授が「中東における米国の覇権主義と安全保障―シェール革命が変える国際政治―」と題して講義をすることが掲載される。また、講義の内容が掲載される。

  • 2014/10/7 日経 朝刊 20面
  • C&Cユーザーフォーラム&iEXPO2014で、国際企業戦略研究科 楠木建教授が「「好き嫌い」と経営」と題して講演をすることが、掲載される。

  • 2014/10/2 朝日 朝刊 15面
  • 「オピニオンヘイトスピーチへの処方箋」欄で、法学研究科 阪口正二郎教授が、ヘイトスピーチの法規制について意見を述べる。

  • 2014/10/2 日刊工業 朝刊 6面
  • 三菱重工業のMHIレポート2014に、商学研究科 クリスティーナ アメージャン教授が、社外取締役としてインタビューに答える。

  • 2014/10/2 日経 朝刊 26面
  • 「経済教室」欄で、高山憲之名誉教授が、公的年金改革について意見を述べる。

  • 2014/10/1 読売 朝刊 33面、2014/10/29 東京 朝刊 28面
  • 旧満州(中国東北部)に暮らした人々の証言や記録を後世に残そうと、社会学研究科 佐藤仁史教授のゼミ生を中心に、「『満州の記憶』研究会」を結成、資料を収集し、シンポジウムを開催することが掲載される。

  • 2014/9/30 日経 朝刊 30.31面
  • グローバル時代の企業価値リポーティング第2回シンポジウムが開催され、商学研究科 伊藤邦雄教授がモデレーターとしてパネルディスカッションに参加した内容が掲載される。

  • 2014/9/30 産経 朝刊 11面
  • 政府税制調査会からの報告で、田近栄治特任教授のコメントが掲載される。

  • 2014/9/29 日経 朝刊 29面
  • 本学学長も回答した、日本経済新聞がまとめた学長アンケートについて掲載される。

  • 2014/9/27 読売 夕刊 5面
  • 「気鋭新鋭」欄で、キャリア支援室 青木深特任講師が、昨年サントリー学芸賞を受賞した『めぐりあうものたちの群像』(大月書店)についてインタビューに答える。

  • 2014/9/26 毎日 夕刊 6面
  • 「キャンパる」欄で、大学の体育の実態についての調査が掲載され、本学ではスポーツ鬼ごっこやネットボールといったオルタナティブスポーツの種目があることが紹介される。

  • 2014/9/25 日経 夕刊 14面
  • 日経ユニバーシティ・コンソーシアム 環境・社会・人間における「安全・安心」を探る第9回四大学連合文化講演会で、経済研究所 後藤玲子教授が、「災厄と保障の3(スリー)D(ディメンジョン)―経済、社会、そして政治」と題し、講演する。

  • 2014/9/25 毎日 朝刊 11面
  • 法学研究科 秋山信将教授が、従軍慰安婦問題について意見を述べる。また、秋山信将教授の今月のお薦め4本が紹介される。

  • 2014/9/23 日経 朝刊 23面
  • 日本経済新聞社、経済産業省 共催シンポジウム「攻めの時代のIT活用~戦略的投資でビジネスを変革する~」で、商学研究科 伊藤邦雄教授が記念講演をすることが掲載される。

  • 2014/9/19 東京 夕刊 8面、2014/9/20 日経 朝刊 42面、2014/9/20 朝日 朝刊 38面、2014/9/21 毎日 朝刊 30面
  • 文部科学省が法科大学院のランク付けをし、本学が最高ランクに分類されたことが掲載される。

  • 2014/9/19 毎日 夕刊 6面
  • 「キャンパる」「聞いてみました」欄で、本学大石真梨子さんがまとめた記事が掲載される。

  • 2014/9/19 日経 朝刊 17面
  • 「大機小機」欄で、商学研究科 伊藤邦雄教授を座長とした「企業と投資家の望ましい関係構築プロジェクト」で、議論し、まとめたリポートについて掲載される。

  • 2014/9/14 日経 朝刊 19面
  • 「今を読み解く」欄で、商学研究科 山内弘隆教授が、リニア新幹線による経済効果について意見を述べる。

  • 2014/9/13 読売 朝刊 30面、2014/9/21 読売 朝刊 31面、2014/9/27 読売 朝刊 31面
  • 社会学部と読売新聞立川支局が共催で行う連続市民講座「再生と変容―移りゆく社会をとらえる―」について掲載され、石居人也准教授が「『東京』と向き合う地域社会の現代―多摩から考える―」と題して講義をすることが掲載される。また、講義の内容が掲載される。

  • 2014/9/12 産経 朝刊 11面
  • 経済学研究科 岡田羊祐教授が、政府の専門調査会「政策コメンテーター委員会」で、3か月前と現時点の景気の変化について意見を述べる。

  • 2014/9/10 日経 朝刊 42面、朝日 朝刊 37面、読売 朝刊 1.38面、毎日 朝刊 25面、産経 朝刊 30面、東京 朝刊 3面
  • 2014年司法試験の法科大学院別合格状況が発表され、本学が合格率で第3位になったことが掲載される。

  • 2014/9/9 日経 朝刊 26面
  • 「数字に注目」欄で経済研究所の小塩隆士教授が、就職のために大卒の学歴を求める傾向について意見を述べる。

  • 2014/9/4 読売 朝刊 34面
  • キャリア支援室 西山昭彦特任教授が、第二次安倍内閣を『安倍一強内閣』と評価していることが掲載される。

  • 2014/9/2 読売 朝刊 28面
  • 「私の1冊」欄で、山内進学長が、中江兆民氏の著書「三酔人経論問答」(岩波文庫)を紹介する。

  • 2014/9/1 日経産業 朝刊 17面
  • 「トレンド分析」欄で、片岡寛名誉教授が委員長を務める新製品評価委員会が、フィリップエレクトロニクスジャパンの家庭用自動製麺機「ヌードルメーカー」について評価をする。

  • 2014/8/28 日経 朝刊 29面
  • 「大学」欄で、社史を大量に保管している大学として本学が例に挙げられる。

  • 2014/8/28 毎日 朝刊 11面
  • 法学研究科 秋山信将教授が、終戦の日の安部首相の式辞について意見を述べる。また、秋山信将教授の今月のお薦め3本が紹介される。

  • 2014/8/28 日経 朝刊 39面
  • 9月12日「人口減少社会の設計図」と題して、増田寛也元総務相の講演会が、兼松講堂で開催される。

  • 2014/8/25 読売 朝刊 12面
  • 「文化」欄で、経済研究所 小塩隆士教授が3編の経済論壇を紹介する。

  • 2014/8/22 読売 朝刊 12面
  • 「論点」欄で、社会学研究科 浅見靖仁教授が、タイでプラユット陸軍司令官が暫定首相に選ばれたことについて意見を述べる。

  • 2014/8/21 朝日 朝刊 31面
  • 「化学」欄で、本学自然資源経済論プロジェクト(代表・寺西俊一特任教授)が朝日新聞社と行った再生可能エネルギーに関するアンケートについての回答と分析が掲載され、経済学研究科 山下英俊准教授のコメントが掲載される。

  • 2014/8/16 日経 朝刊 1面
  • 「目覚める資本 株が動く」欄で、商学研究科 クリスティーナ アメージャン教授が、社外取締役として株主総会に出席したことについてコメントが掲載される。

  • 2014/8/15 日経 朝刊 25面
  • 「風」欄で、経済研究所所長 深尾京司教授の、ピケティ理論についてのコメントが掲載される。

  • 2014/8/12 日経 朝刊 30面
  • 「エコノ探偵団」欄で、町村敬志社会学研究科長が、都市ランキングについてインタビューに答える。

  • 2014/8/10 日経 朝刊 9面
  • 「日曜に考える」欄で、伊丹敬之名誉教授が、企業のグローバル化についてインタビューに答える。

  • 2014/8/8 日経産業 朝刊 16面、2014/8/30 日経産業 夕刊 9面、2014/9/1 日経産業 朝刊 9面
  • 日経産業新聞フォーラム2014「ITが切りひらくニッポンの未来」で、国際企業戦略研究科 楠木建教授が基調講演をすることが、掲載される。

  • 2014/8/6 読売 朝刊 13面
  • 「論点スペシャル」欄で、経済研究所 小塩隆士教授が公的年金の支給年齢について意見を述べる。

  • 2014/8/5 日経 朝刊 27面
  • 「時事解析」欄で、法学研究科 辻琢也教授の、人口減少問題と地域社会の役割についてのコメントが掲載される。

  • 2014/8/4 日経 朝刊 19面
  • 本学が2010年3月に導入したコピペ検出ソフトについて、落合一泰理事・副学長と筒井泉雄大学教育研究開発センター長が、インタビューに答える。

  • 2014/8/3 日経 朝刊 19面
  • 「ビジネス書ランキング」欄で、伊丹敬之名誉教授の著書『孫子に経営を読む』がランク入りしたことが紹介される。

  • 2014/7/28 日経 朝刊 36面
  • 「交遊抄」欄に、寺西重郎名誉教授のコラムが掲載される。

  • 2014/7/26 日経 朝刊 32面
  • 「日経エデュケーションチャレンジ2014」プロジェクトの開催案内と、校長を務める一條和生国際企業戦略研究科長からのメッセージが掲載される。

  • 2014/7/25 日経 朝刊 8面
  • 「イノベーションは我が国の未来をどう切り拓くのか~イノベーション・システム改革の行方」をテーマに開催した2014年度第1回一橋大学政策フォーラムで、本学 高萩光紀顧問が開会挨拶を、経済研究所 上野有子准教授がパネルディスカッションの司会を、経済学研究科 岡室博之教授がパネリストとして参加、山内進学長が閉会挨拶をしたことが、掲載される。

  • 2014/7/25~8/7 日経 朝刊
  • 「やさしい経済学」欄で、経済学研究科 佐藤主光教授が、国家の破綻について意見を述べたコラムがこの日から10回連続で掲載される。

  • 2014/7/24 毎日 朝刊 11面
  • 「月刊時論フォーラム」で、法学研究科 秋山信将教授が、集団的自衛権容認をテーマに議論した内容が掲載される。

  • 2014/7/22 朝日 朝刊 1.2面
  • 本学自然資源経済論プロジェクト(代表・寺西俊一特任教授)と朝日新聞社が共同で実施する再生可能エネルギーの導入状況についての調査に関する記事が掲載される。

  • 2014/7/20 日経 朝刊 19面、2014/7/27 日経 朝刊 21面、2014/8/3 日経 朝刊 19面
  • 「ビジネス書ランキング」欄で、国際企業戦略研究科 楠木建教授の著書『「好き嫌い」と経営』が紹介される。

  • 2014/7/18 毎日 夕刊 5面
  • 「なにコレ!?」欄で、本学学生 武智研吾さんが撮影した写真が掲載される。

  • 2014/7/16 日経 朝刊 27面
  • 「時事解析」欄で、経済研究所所長 深尾京司教授が国内での設備投資についてのコメントが掲載される。

  • 2014/7/15 毎日 朝刊 30面
  • 「平和どこへ 集団的自衛権私の意見」欄で、油井大三郎名誉教授の意見が掲載される。

  • 2014/7/14 日経産業 朝刊 9面
  • 「大学」欄で、本学がスーパーグローバル大学創成事業の応募校として掲載される。

  • 2014/7/14 日経産業 朝刊 9面
  • 本学が、新日本スーパーマーケット協会及び市場調査会社インテージと連携し「消費者購買指数」を開発したことが掲載される。

  • 2014/7/13 日経 朝刊 23面
  • 野中郁次郎名誉教授と荻野進介氏の共著書「史上最大の決断」(ダイヤモンド社)が、紹介される。

  • 2014/7/12 読売 朝刊 32面、2014/7/18 読売 朝刊 32面、2014/7/20 読売 朝刊 33面、2014/7/26 読売 朝刊 33面
  • 社会学部と読売新聞立川支局が共催で行う連続市民講座「再生と変容―移りゆく社会をとらえる―」について掲載され、佐藤仁史教授が「『迷信』から無形文化財へ―近現代中国における民俗文化の復興と変容―」と題して講義をすることが掲載される。また、講座の内容が掲載される。

  • 2014/7/12 日経 朝刊 1面
  • 「革新力」欄で、国際企業戦略研究科 楠木建教授の日本企業の成長についてのコメントが掲載される。

  • 2014/7/11 日経産業 朝刊 1面
  • 社外取締役の事例として、商学研究科 伊藤邦雄教授の事例が掲載される。

  • 2014/7/11 読売 朝刊 15面
  • 「裁判員制度 本社全国世論調査」欄で、後藤昭名誉教授が、意見を述べる。

  • 2014/7/6 日経 朝刊 1面
  • 「成長を呼ぶガバナンス」欄で、商学研究科 伊藤邦雄教授が、自身の社外取締役としての役割について述べたコメントが掲載される。

  • 2014/7/6 読売 朝刊15面
  • 言語社会研究科 鵜飼哲教授の著書「ジャッキー・デリダの墓」(みすず書房)が、紹介される。

  • 2014/7/4 毎日 夕刊 6面
  • 「キャンパる」欄で、落合一泰理事・副学長が、成績評価の新基準GPAについてインタビューに回答する。

  • 2014/7/1 日経 朝刊 39面
  • 日本経済新聞社と日経HRが共同で実施した「ビジネススクール調査」において、東日本人気校ランキングで、本学大学院商学経営科経営学修士コースが第3位に、国際企業戦略研究科国際経営戦略コースが第5位に選ばれる。

  • 2014/6/30 日経 夕刊 18面
  • 経済研究所所長 深尾京司教授が、RIETI WORLD KLEMSシンポジウム「世界金融危機後の成長戦略」でプレゼンテーションをした内容が掲載される。

  • 2014/6/27 日経 朝刊 29面
  • 「風」欄で、経済学研究科 川口大司教授が、日本住宅総合センターの行武憲史主任研究員と分析した東日本大震災前後の不動産価格の影響について分析したデータの内容が、引用される。

  • 2014/6/26 毎日 夕刊 16面
  • 法学研究科 秋山信将教授が、東京大学で開催されたセミナー「原子力の平和、安全な利用と統合型高速炉」(第79回公共政策セミナー、第15回GSDMプラットフォームセミナー)のパネル討論に参加した内容が、掲載される。

  • 2014/6/26 毎日 朝刊 11面
  • 法学研究科 秋山信将教授が、集団的自衛権の行使について意見を述べる。

  • 2014/6/25 朝日 朝刊 17面
  • 「オピニオン 安全保障を考える 自衛隊派遣のリアル」欄で、社会学研究科 吉田裕教授が、集団的自衛権の行使について意見を述べる。

  • 2014/6/23 日経 朝刊 23.24面
  • 伊丹敬之名誉教授がモデレーターを務めた、「化学は21世紀に何を目指すべきか」と題したシンポジウム(ICCA(国際化学工業協会協議会)理事会開催)の内容が、掲載される。

  • 2014/6/19 日経 朝刊 28面
  • 「経済教室」欄で、経済学研究科 田近栄治特任教授が、法人税改革について意見を述べる。

  • 2014/6/18 毎日 夕刊 5面
  • 集団的自衛権を容認する公明党について、渡辺治名誉教授のコメントが、掲載される。

  • 2013/6/18 日経 朝刊 29面
  • 「経済教室」欄で、小川英治教授(理事・副学長)が、ECBのマイナス金利について意見を述べる。

  • 2014/6/16 日経 朝刊 33面
  • 法学研究科 辻琢也教授が、地方制度調査会の委員に選ばれる。

  • 2014/6/16 日経 朝刊 17面
  • 人事が選ぶ大学ランキング(日経HRが調査)、総合ランキングで本学が5位に、知力・学力の項目では1位に選ばれる。

  • 2014/6/14 読売 朝刊 30面、2014/6/20 読売 朝刊 30面、2014/6/22 読売 朝刊 31面、2014/6/28 読売 朝刊 31面
  • 社会学部と読売新聞立川支局が共催で行う連続市民講座「再生と変容―移りゆく社会をとらえる―」について掲載され、中島由美教授が「ことばと文化にみる再生と変容」と題して講義をすることが掲載される。また、講座の内容が掲載される。

  • 2014/6/13 読売(大阪版) 朝刊 33面
  • 「大学の教育力」欄で、本学の成績評価法GPAについて掲載される。

  • 2014/6/8 日経 朝刊 11面
  • 「創論」欄で、国際企業戦略研究科 楠木建教授が、業績が好転している日本企業の成長を持続的なものにするために必要なことについてインタビューに答える。

  • 2014/6/8 日経 朝刊 23面
  • 経済研究所 小塩隆士教授の著書「持続可能な社会保障へ」(NTT出版)が、紹介される。

  • 2014/6/6 日経産業 朝刊 18面
  • 「ビジネスQ&A」欄で、商学研究科 橘川武郎教授が、「エネルギー基本計画」の評価と電力の今後についてインタビューに答える。

  • 2014/6/3 日経 朝刊 27面、2014/6/10 日経 朝刊 33面、2014/6/17 日経 朝刊 29面、2014/6/24 日経 朝刊 31面
  • 国際企業戦略研究科 楠木建教授が、「経営書を読む」欄で、ハロルド・ジェニーンら著「プロフェッショナルマネジャー」について、この日から4回連続でコラムを掲載する。

  • 2014/6/2 日経 朝刊 20面
  • 小川英治教授(理事・副学長)が、日本経済研究センターのセミナー「変貌するアジアのマネーフロー―アジアでいま、何が起きているのか」で、モデレーターを務めることが掲載される。

  • 2014/6/2 日経 朝刊 15面
  • 国際企業戦略研究科 相澤英孝教授が、証拠開示制度の特徴についてインタビューに答える。

  • 2014/6/2 日経産業 朝刊 9面
  • 本学が、学生や研究者の国際的な流動化を促進する拠点となる「森有礼高等教育国際流動化センター」を開設したことが、紹介される。

  • 2014/6/1 読売 朝刊 31面
  • 本学で開催しているKODAIRA祭が紹介される。

  • 2014/6/1 日経ヴェリタス P56
  • 「スポットライト」欄で、商学研究科 クリスティーナ アメージャン教授のコラムが掲載される。

  • 2014/5/26 読売 朝刊 11面
  • 「文化」欄で、経済研究所 小塩隆士教授が3編の論文を紹介する。

  • 2014/5/22 日経 朝刊 7面
  • 社会学研究科 浅見靖仁教授が、タイ国内の戒厳令の発令について意見を述べる。

  • 2014/5/16 朝日 朝刊 17面
  • 「耕論 政治は使い捨てか」欄で、社会学研究科 中北浩爾教授が、今政党に求められているものについて、意見を述べる。

  • 2014/5/15 朝日 朝刊 15面
  • 「耕論 応援席が映すニッポン」欄で、国際企業戦略研究科 山岸俊男特任教授が、日本の合理的な判断が生む差別について、意見を述べる。

  • 2014/5/12 日経 朝刊 33面
  • 「時流地流」欄で、富岡製糸場と渋沢栄一の人脈について紹介される。

  • 2014/5/12 日経 朝刊 23面
  • 「風」欄で、商学研究科 伊藤邦雄教授と中野誠教授が中心となり、まとめた論文集「International Prespectives on Accounting and Corporate Behavior(会計と企業行動に関する国際展望)」が紹介される。

  • 2014/5/10 日経 朝刊 1面
  • 「春秋」欄で、渋沢栄一について紹介される。

  • 2014/5/9 毎日 夕刊 4面
  • 「キャンパる」欄で、本学学生 大石真梨子さんがまとめた記事が掲載される。

  • 2014/5/9 朝日 朝刊 35面
  • 「教育」欄で、日本での就職について本学留学生のコメントが掲載される。

  • 2014/5/9 日経 朝刊 29面
  • ノーベル経済学賞受賞者である故ゲーリー・ベッカー名誉博士の業績が紹介される。

  • 2014/5/8 日経 朝刊 12面、2014/5/9 毎日 朝刊 24面
  • 法科大学院の入学状況をまとめた記事で、定員以上の入学者を受け入れた大学として本学が掲載される。

  • 2014/5/4 日経 朝刊 21面
  • 伊丹敬之名誉教授と宮永博史氏共著の「技術を武器にする経営」(日本経済新聞出版社)が紹介される。

  • 2014/5/3 毎日 朝刊 13面
  • 浦田一郎名誉教授が、砂川事件最高裁判決についてインタビューに答える。

  • 2014/5/3 読売 朝刊 26面、2014/5/9 読売 朝刊 28面、2014/5/11 読売 朝刊 29面、2014/5/24 読売 朝刊 27面
  • 社会学部と読売新聞立川支局が共催で行う連続市民講座「再生と変容―移りゆく社会をとらえる―」について掲載され、中田康彦教授のコメントが掲載される。

  • 2014/5/2 日経 朝刊 27面
  • 「経済教室」欄で、延岡健太郎イノベーション研究センター長が、イノベーションの条件について意見を述べる。

  • 2014/4/29 産経 朝刊 11面
  • 「政策を問う」欄で、商学研究科 橘川武郎教授が、政府のエネルギー基本計画についてインタビューに答える。

  • 2014/4/27 日経 朝刊 21面
  • 「経済論壇から」欄で、経済学研究科 田近栄治特任教授の『税経通信5月号』に掲載された記事が引用される。

  • 2014/4/24 毎日 朝刊 11面
  • 法学研究科 秋山信将教授が、オーストラリアが日本を国際司法裁判所に訴えた件で、その判決を受けた日本の今後の外交のあり方について意見を述べる。

  • 2014/4/22 読売 朝刊 32面
  • 「私の1冊」欄で、町村敬志社会学研究科長が、陣内信秀氏の著書「東京の空間人類学」(筑摩書房)を紹介する。

  • 2014/4/20 日経 朝刊 34面
  • 「芸術と科学のあいだ」欄で、本学のシンボルマークについてコラムが掲載される。

  • 2014/4/18 毎日 夕刊 4面
  • 「キャンパる」欄で、本学学生 武智研吾さん撮影の写真が、「学生記者が選ぶ「この1冊」」欄で、本学学生 大石真梨子さんがまとめた記事が、掲載される。

  • 2014/4/16 東京 朝刊 28.29面
  • 安部政権の政策決定について、渡辺治名誉教授のコメントが掲載される。

  • 2014/4/13 日経 朝刊 23面
  • 「読書」欄で、石弘光名誉教授の著書「国家と財政」が、紹介される。

  • 2014/4/12 産経 朝刊 6面
  • 「オピニオン」欄で、本学の学園紛争について掲載される。

  • 2014/4/12 読売 朝刊 30面、2014/4/18 読売 朝刊 32面、2014/4/20 読売 朝刊 33面、2014/5/10 読売 朝刊 30面
  • 社会学部と読売新聞立川支局が共催で行う連続市民講座「再生と変容―移りゆく社会をとらえる―」について掲載され、社会学研究科 猪飼周平教授のコメントが掲載される。

  • 2014/4/12 読売 朝刊 30面
  • 本学のボランティアの卒業生の力を借りた留学生支援が紹介され、キャリア支援室のコメントが掲載される。

  • 2014/4/9 日経 朝刊 27面
  • 「経済教室」欄で、国際企業戦略研究科 楠木建教授が、これからの日本企業の課題について意見を述べる。

  • 2014/4/8 日経 朝刊 27面、2014/4/15 31面、2014/4/22 29面、2014/4/29 29面
  • 「経営書を読む」欄で、渋沢栄一の著書「論語と算盤」についてのコラムがこの日から連続で紹介される。

  • 2014/4/6 日経 朝刊 1面,2014/4/7 日経 朝刊 21面
  • 本学も回答した日本経済新聞社実施の主要大学の学長(理事長)を対象としたアンケートの結果が、掲載される。

  • 2014/4/4 毎日 朝刊 9面,2014/4/7 日刊工業 朝刊 3面
  • 商学研究科 橘川武郎教授が、政府のエネルギー基本計画について意見を述べる。

  • 2014/4/1 毎日 夕刊 5面
  • 法学研究科 秋山信将教授が、広島で開催される軍縮・不拡散イニシアチブ(NPDI)について寄稿する。

  • 2014/3/28 産経 朝刊 30面
  • 法学研究科 村岡啓一教授が、「袴田事件」について意見を述べる。

  • 2014/3/28 日経 朝刊 28面
  • 「日経ビジネスイノベーションフォーラム 日本経済を活性化させる M&A」で、野口悠紀雄名誉教授が、基調講演をした内容が掲載される。

  • 2014/3/27 毎日 朝刊 11面
  • 「月刊時論フォーラム」で、法学研究科 秋山信将教授が、東日本大震災から3年をテーマに議論した内容が掲載される。

  • 2014/3/24 日経 朝刊 27面
  • 「経済教室」欄で、国際企業戦略研究科 相澤英孝教授が、営業秘密の漏洩対策について意見を述べる。

  • 2014/3/24 東京 朝刊 1面
  • 自由民主党が2012年にまとめた自民改憲草案について、法学研究科 阪口正二郎教授のコメントが掲載される。

  • 2014/3/20 読売 朝刊 32面
  • 社会学部と読売新聞立川支局が共催で行う連続市民講座「再生と変容―移りゆく社会をとらえるー」について掲載され、町村敬志社会学研究科長のコメントが掲載される。

  • 2014/3/20~31 日経 朝刊
  • 「経営学はいま」欄で、商学研究科 中野誠教授が、企業財務とリスクについて意見を述べたコラムがこの日から8回連続で掲載される。

  • 2014/3/18 読売 朝刊 18面
  • 経済研究所 北村行伸教授が、国立情報学研究所の岡田仁志准教授とBS日テレ「深層NEWS」で、インターネット上の仮想通貨「ビットコイン」をテーマに議論した内容が掲載される。

  • 2014/3/17~28 日経 朝刊
  • 「やさしい経済学」欄で、経済研究所 後藤玲子教授が、福祉の実現について意見を述べたコラムがこの日から10回連続で掲載される。

  • 2014/3/16 毎日 朝刊 6面
  • 野口悠紀雄名誉教授がインターネット上の仮想通貨「ビットコイン」が持つ可能性や課題についてインタビューに答える。

  • 2014/3/16 日経 朝刊 25面
  • 「あとがきのあと」欄で、中村喜和名誉教授が、著書「ロシアの空の下」について意見を述べる。

  • 2014/3/14 読売 朝刊 11面
  • 「論点」欄で、経済研究所 小塩隆士教授が、社会保障の格差是正について意見を述べたコラムが掲載される。

  • 2014/3/13 東京 朝刊1面
  • 「秘密保護法対策弁護団の結団式で、村井敏邦名誉教授が、落合洋司弁護士と「秘密保護法の刑事法上の問題点」と題して講演会をしたことが掲載される。

  • 2014/3/13 日経 朝刊42面、産経 朝刊 28面
  • 寺西重郎名誉教授が、日本学士院賞を受賞したことが掲載される。

  • 2014/3/6 朝日 朝刊 34面
  • 「東日本大震災3年 電力」欄で、商学研究科 橘川武郎教授が、原発をめぐるエネルギー問題について意見を述べる。

  • 2014/3/5~18 日経 朝刊
  • 「経営学はいま」欄で、商学研究科 加賀谷哲之准教授が、企業会計の活用と課題について意見を述べたコラムが、この日から10回連続で掲載される。

  • 2014/3/5 東京 朝刊 26.27面
  • ウクライナ問題に関連した集団的自衛権の行使について、社会学研究科 福富満久准教授のコメントが、掲載される。

  • 2014/3/5 朝日 朝刊 30面
  • 「学びを語る」欄で、落合一泰理事・副学長の大学教育のチューニングについてコメントが掲載される。

  • 2014/3/3 日経 朝刊 18面
  • 石弘光名誉教授が、国立大学法人化10年、改革の行方について意見を述べる。

  • 2014/2/27 毎日 朝刊 11面
  • 「月刊時論フォーラム」で、法学研究科 秋山信将教授が舛添都知事の勝因について議論した内容が、掲載される。

  • 2014/2/25 日経 朝刊 30面
  • 「経済教室」欄で、経済学研究科 佐藤主光教授が、消費増税の課題について意見を述べる。

  • 2014/2/24 産経 朝刊 16面
  • 社史に注目した常設展「社史への招待―ただ重いだけではない」が、本学附属図書館で開設されたことが紹介される。

  • 2014/2/24 週刊碁 17面
  • 全学共通教育科目として平成25年度から開講した「囲碁―文化としての戦略思考―」の様子が掲載され、筒井泉雄教育研究開発センター長が、コメントを述べる。

  • 2014/2/19 日経 朝刊 3面
  • 法学研究科 辻琢也教授が、教育委員会制度の改革案について、意見を述べる。

  • 2014/2/17 日経 朝刊 21面
  • 「経済教室」欄で、国際企業戦略研究科 有吉章教授が、新興国経済の危機について意見を述べる。

  • 2014/2/17 日経 朝刊 21面
  • 「風」欄で、経済研究所 青木玲子教授が、女性経済学者の活躍の可能性について意見を述べる。

  • 2014/2/17~2/28 日経 朝刊
  • 「やさしい経済学」欄で、経済学研究科 井伊雅子教授が、医療の公平性について意見を述べたコラムをこの日から10回連続で担当する。

  • 2014/2/13 毎日 朝刊 23面
  • 本学学生のフェアトレードの推進サークルラポンテによる、まちチョコに関する記事が掲載される。

  • 2014/2/11 産経 朝刊 19面
  • 「メディア」欄で、NHKへの取り調べ映像提供が、刑訴法違反にあたるかどうかについて、法学研究科 村岡啓一教授のコメントが掲載される。

  • 2014/2/6 日経 朝刊 26面
  • 「経済教室」欄で、経済研究所 神林龍准教授が、日本の年功賃金体系の今後について意見を述べる。

  • 2014/2/5 日経 朝刊 29面
  • 「経済教室」欄で、経済学研究科 川口大司教授が、賃上げについていわゆる日本型の年功賃金体系を前提としたベースアップを期待できるかについて意見を述べる。

  • 2014/2/3 日経 朝刊 17面
  • 「経済教室」欄で、商学研究科 伊藤邦雄教授が、「M&A(合併・買収)を考える」をテーマに国際的人材育成の機会について意見を述べる。

  • 2014/2/3~2/14 日経 朝刊
  • 「やさしい経済学」欄で、経済研究所 小塩隆士教授が、「リスクと期待」をテーマに意見を述べたコラムをこの日から10回連続で担当する。

  • 2014/2/2 日経 朝刊 11面
  • 消費税が絡む税制改革について石弘光名誉教授のコメントが掲載される。

  • 2014/1/30 日経 朝刊 29面
  • 1月20日に開催された国際シンポジウム「原子力と安全保障を考える」で、法学研究科 秋山信将教授が、パネル討論の司会をした内容が、掲載される。

  • 2014/1/29 日経 朝刊 27面
  • 「経済教室」欄で、商学研究科 橘川武郎教授がエネルギー政策について意見を述べる。

  • 2014/1/26 日経 朝刊 21面
  • 「経済論壇から」欄で、商学研究科 橘川武郎教授の『週刊ダイヤモンド12月28日・1月4日号』に掲載された記事が、また、国際企業戦略研究科 國枝繁樹准教授の『週刊エコノミスト1月21日号』に掲載された記事が引用される。

  • 2014/1/26 日経 朝刊 28.29面
  • 国際企業戦略研究科による2013年度のポーター賞授賞式を兼ねて開催された「競争力カンファレンス2013」で、ハーバード大学ユニバーシティ・プロフェッサー マイケル・E・ポーター氏と国際企業戦略研究科 名和高司特任教授による対談や、楠木建教授の講演について掲載される。

  • 2014/1/25 毎日 朝刊 23面
  • 「就活!」欄で、本学学生長谷川拓さんの就職活動について、掲載される。

  • 2014/1/21 毎日 朝刊 6面
  • 石弘光名誉教授が、消費増税と軽減税率についてインタビューに答える。

  • 2014/1/17 毎日 夕刊 4面
  • 「キャンパる」欄で、本学学生 大石真梨子さんがまとめた記事が掲載される。

  • 2014/1/14 日経 朝刊 23面
  • 「経営書を読む」欄で、野中郁次郎名誉教授と竹内弘髙名誉教授の著書「知識創造企業」が紹介される。

  • 2014/1/12 日経 朝刊 8面
  • 「リアルの逆襲」欄で、野中郁次郎名誉教授が、日本企業のイノベーションについて意見を述べる。

  • 2014/1/11 朝日 朝刊 30面
  • 本学のフェアトレード推進サークル ラポンテの活動が紹介される。

  • 2014/1/8 毎日 朝刊 13面
  • 商学研究科 守島基博教授と経済学研究科 川口大司教授が、有斐閣シンポジウム「これからの雇用政策と人事」に登壇することが掲載される。

  • 2014/1/7 毎日 夕刊 8面
  • 堀部政男名誉教授が特定個人情報保護委員会の看板設置式を行ったことが掲載される。

  • 2014/1/6 日経産業 7面
  • 本学の、グローバル化対応を強化するための施策(GPAを卒業要件に適用。卒業の判定基準とする)が掲載される。

一橋大学関連News

Share On