一橋教員の本

田中克彦が語る? : 言語学の戦後

 
 

田中克彦が語る? : 言語学の戦後

 田中克彦, 安田敏朗, 土屋礼子[執筆]
三元社   2008年10月刊行
ISBN:9784883032266   本体1,800円+税
 刊行時著者所属:田中克彦(一橋大学名誉教授), 安田敏朗(一橋大学大学院言語社会研究科)

著者コメント

言語学者・モンゴル学者である本学の田中克彦名誉教授にインタビューをするシリーズの第一作です。インタビューそのものは三年前になされました。聞き手は私・安田、企画が本学出身の土屋礼子大阪市立大学教授です。大学院から本学に学んだ田中名誉教授が学問的にどのような出会いをしたのか、あるいは留学先のドイツ・ボン大学でどのような学問に触れてきたのか、あるいは学問とはなにか、などについて語っています。閉塞している現在の学問状況を再確認してもふさぎ込んでしまうだけですが、言語学や社会言語学に親しんでいる人も、そうでない人も、あるひとりの人間の学問がどのように形成されていくのか、大学の研究環境のなかでどのように師と切磋琢磨していったのか、という観点からすると、十分に参考になる読み物になっています。なお、資料編として、単行本未収録の「戦後日本における言語学の状況」「言語学と言語的現実」および、師である亀井孝名誉教授のドイツ語論文を抄訳した「天皇制の言語学的考察」を収めてあり、対談編を補強しています。(安田敏朗)

Share On